ラッシングベルトの点検基準

1  日常点検及び定期点検

ラッシングベルトは,日常点検¹⁾及び定期点検²⁾を行って使用しなければならない。

注¹⁾ 使用前に行う点検をいう。

 ²⁾ 使用頻度によって異なるが,通常1か月ごとに行う。


2  点検基準

点検項目,点検方法及び廃棄基準は,表1による。

1-点検基準

     
点検項目
点検の種類日常点検定期点検
点検方法廃棄基準
ベルトの損傷の状態(摩耗,きず及び縫糸の切断) a)アイ目視 1)織目が分からないほどに毛羽立ちし,たて糸の損傷が認められるもの。
2)目立った切りきず,擦りきず,引っ掛けきずなどが認められるもの。
3)縫糸が切断して,アイの形状が保たれないもの。
b)縫製部目視 1)目立った切りきず,擦りきず,引っ掛けきずなどが認められるもの。
2)縫糸が切断して,ベルトの剝離が少しでも認められるもの。
c)本体目視 1)全幅にわたって縫目が分からないほどに毛羽立ちし,たて糸の損傷が認められるもの。
2)目立った切りきず,擦りきず,引っ掛けきずなどが認められるもの。
その他の外観異常 目視 熱,薬品などによる著しい変色,着色,溶融,溶解などが認められるもの。
使用期間管理台帳,表示などの確認ベルトラッシングの使用状況によって,外観に損傷及び異常がなくても,次の使用期間を超えるもの。
-屋内で使用する場合,使用開始後7年。
-常時屋外で使用する場合,使用開始後3年。
バックル及び端末金具 a)変形目視 曲がり,ねじれ,ゆがみなどが認められるもの。
b)きず目視 著しい当たりきず,切欠ききずなどが認められるもの。
c)亀裂目視 亀裂が認められるもの。
磁粉探傷又は
浸透探傷
目視によって亀裂の疑いがあり,点検方法に定められた方法で,亀裂が認められるもの。
d)摩耗計測摩耗量が,元の寸法の10%を超えるもの。
e)腐食目視 全体に腐食が認められるもの,又は局部的に著しい腐食のあるもの。

詳しくは,JIS B 8850をご参照下さい。